体を動かすデメリット

疲労が蓄積される可能性がある

ストレス解消を考える方に、運動を用いた解消法を試みる人が多く見られます。自宅でトレーニングを行ったり、フィットネスクラブに通ったりすることで、抱えてしまったストレスを取り除こうとするのです。運動を行なうことは、健康増進や体力の維持、痩身効果などの様々な効能を導きます。適度な範囲での運動であれば、ストレス解消と共に、健康維持に繋がります。良い面が多い感じがする運動によるストレス解消法ではありますが、過度な負荷を体に与えてしまうと、体内に疲労が蓄積される可能性もありえます。体がオーバーワークになってしまうと、ストレスの原因であるコルチゾールというホルモンが増殖することに繋がるからです。ストレス解消のために始めた運動で、逆にストレスを引き起こしてしまう可能性があるのです。

運動によるストレス解消法を取り入れる場合には注意して臨む

ストレス解消のために始めた、各種の運動療法によって、逆に自分の体を痛めてしまうことは珍しくありません。ジャンプやスタートダッシュを過度に伴う運動では、膝に大きな負荷が掛かってしまうことも少くありません。運動を行なうことで、膝が腫れてしまったり、骨に異常を来したりすることがありえるのです。ランニングを通じてストレス解消を試みる方の中には、シンスプリントという症状を引き起こすケースも見られます。足のすねの部分に炎症を引き起こしてしまい、筋肉の柔軟性が失われてしまうのです。良い効果をもたらすと考えて始めた運動で、自身の体を痛めてしまっては意味がありません。体を動かしてストレスを解消するのであれば、注意して臨むことが大切です。