体を動かすメリット

嫌な考えや気持ちを忘れることができる

思いっきり走ると、走る前の嫌な気分や雰囲気を吹き飛ばしたことがありませんか。運動することによってドーパミンやエンドルフィン等の脳内物質が分泌され、生じた爽快感により気が晴れるためです。運動により交換神経が活性化し、前向きな気分になりやすくもなります。また、運動による適度な疲労感は夜にぐっすり眠れる等、質の高い睡眠も期待できます。一晩寝たら、感じていたストレスが大したことがないと思えるかも知れません。爽快感を感じるような強めの運動ではなく、家の周りを歩くような軽い散歩でも、気分転換には効果が高いようです。根本的な解決にはならないかもしれませんが、ストレスを軽減したり、冷静になって考えるために有効です。

運動不足が解消でき健康になる

ストレス解消がきっかけであったとしても、体を動かすことによって、ストレスだけでなく、運動不足を解消するメリットがあります。日常的に体を動かすことで生活習慣病を予防したり、身体機能の維持が期待できます。最近の研究では運動により脳血流が増加するだけではなく、神経細胞が増殖し脳の働きを良くする効果が明らかにされています。心肺機能の向上や腰痛に対しての効果も認められます。最近では認知症に対する効果も発表されています。日頃運動不足を感じている方は、ストレス解消を目的に体を動かすことは、一石二鳥か三鳥を狙える賢いやり方だと思います。ただし急に激しい運動は厳禁です。散歩やジョギング等軽い運動から始めていってください。